« 思わず笑って、すぐに呆れる、、、。 | トップページ | 「分離の心」と「接続の心」の違い »

2016年7月30日 (土)

重度の障害者を大量に殺した今回の事件。

彼は世の中の障害者があると決められている人たちを見て自分と重ねたのです。

自分の思いが何も形にならない辛さを。

そしてその理由がわからない辛さを。

助けられていると感じない辛いさを。

辛くて仕方ない、、、

いなくなりたい、生まれ変わりたい。

けど

自殺する勇気はない。

辛さ、弱さを出す勇気もない。

弱いと負けるから。

弱いと障害者になるから。

そういった寂しい生き物はあーやって

多くのみちづれを求めさまよう。。。

「あなたも、あなたたちも行きたかったんでしょ」って、、、

だが、その思いを相手に伝え、了解を得ることはしない。

それは、、、

ずっとひとりで寂しくて、

何も自分の思いを

形にしてこなかったから、

できなかったから、

まわりと協力することを知らない。

快く協力してもらう方法を知らない。。。

だから結果、全部ひとりよがり。。。。

相手に相談もせず、了解も得ず、無視してすすみ、行ったさきで突然自分を出し、

まわりに衝撃をあたえて相手の機能をオフにしてしまう。。。

だから、結局は自分の望みは叶わない。

テレビでは、彼の計画性、そしてそれをその通りにしている点に驚いていましたが、

いったい、なにを過大評価しているのでしょう?

彼の書いた文章のほとんどなにも形になっていません。

辛うじて、目に見えて同じものもありますが、形になっているのはほんの数パーセントです。

人数も違うし、「傷つけない」と書いていながら職員を傷つけているし(精神的になども)、

テレビの解説者の方々、、、あれは計画書じゃありません。

あの彼の書いたあの手紙は今の彼のすべてを物語っているじゃないですか。

あの手紙は彼自身の

「今までなにも形にしてきてない、、、どうしたらいいの?

、、、あれ、でも、そんな自分も見えてない、、、」という告白です。

バカでもアホでもない、ただただ寂しい生き物になっているので

ひどくわかりづらくなっていますが。

計画でもなんでもないです。

だって形にならないし、なっていないのですから。

ただ単に「自分の支離滅裂さ」を告白しているのです。

目に見えて形になったのは

19人の障害者を殺した。というところだけです。

しかし、それも計画の人数ではありません。

それをなんで「計画通りに、、、」と評価するのでしょうか?

さらに引いて目でみたら

その計画を実行するにあたりサポートを受けるのは無理なところに

手紙を持って行っている時点で計画ではなく

ただの告白なのです。

ですので、彼を「危険な人物」としてみて、対応しても無意味なのです。

結果、今の制度や治療方法でも解決には至っていないのです。

対処の仕方が治療ではなく、抑制しているだけですから。

さらに、彼が働いていたところでも

いろいろ話しをしたとのことですが、分かり合えず距離を無理やりおいただけです。

、、、、、

おそらく病院でも、職場でも

「あなたの考えは間違っている」という視点から話しをしていたでしょう。

「そういった考えは危険だ」「ヒトラーは悪い人だ」

「だから、やめなさい」「やめた方がいいよ」「だって殺したりするのはいけないことでしょ」

といったような内容のことを言われてきたと思います。

まあ、精神的なことを勉強して診察している先生とかなら

そういった思想がどこから発生しているのか、ある程度掘り下げることは可能だったと思われますが、

結局そこまでなのです。いつも。

たとえ、原因らしきものをたぐりよせても

またその原因らしきものを脇におかれ、、

「、、、、でね、あなたの歩むべき道はね、これなのよ」とまた言われる。

もちろん、提供された道が魅力あるものであれば

チャレンジしよう!とも思うかもしれませんが、

毎度、同じ道を提供され、そしてその道の先は、、、結局自分の問題はなにも解決しない、、、。

で、またまわりに強制的にもとに戻される。。。。

なにも解決することない道、、、、

同じ悲劇を繰り返す道、、、、

ぐるぐる、、、、

、、、、

つまりここで重要なのは!

彼に「あなたは間違っている」と伝えている側、、、、

「こちらの道にしないさい」と言っていた側、、、、

そちらが正解なのか!といえば、、、

残念ながら正解ではなかったということです。

では何がNGだったのか、、、

まず、世の中では

障害者(病院、老人ホームなどなど)の施設は彼らのために必要だ、、、とされていますが、

引いた目線でみると~~

ただただ、それ以外の人たちの生活を優先させるための隔離施設です。

「その人たちと同じ空間で生活するとこちらが大変なので隔離します」としているだけです。

しかも相手の了解を得ているわけじゃなく、、、隔離される側も仕方なくです、、、。

それを

「その人たちのため」「その人たちが安心して」とか言って自分自身をフォローしているだけです。よね?

まあ、それに関わっている人たちはお認めにならないと思いますがね。

でもね~考えてみていただけますか、、、、

わたしたちが障害があるとされる方々と、なんも問題もなくコミュニケーションをとり

平和に生活できる技や制度ををみつけ、身につけていればいいんじゃないでしょうか?

どんな相手だとしてもその相手の光を見つけ、平和に対話しともに進化できる技、意識、心。

それをしっかりと身につければ施設をつくり、そこに追いやる必要もないのです。。。。

が、、、

施設を作って自分たちの邪魔にならないように彼らを押し込めます、、、、。

「ここの方が安心して暮らせるからねー」「私たちだって大変なんだよ~」って。

、、、まあ、そうなんですけどね、

世の中、だれも信用できず、危険ですから。

でも、、、

自分たちが平和にくらし、対話する能力を発掘し、のばすことはせず、

とりあえず大変にならないように隔離施設をつくり、

その施設を維持管理できるようにする技だけは身につけてね!って、、、、

ずいぶんとお優しいことで、、、、

あ、、、日々の生活がね、、、大変ですもんね、、、、、

病院でも

彼のことを心から親身になって、、

自分ごとのように治療や診察にあたる先生は、、、、

いない!とは言いませんが、ほぼ!いないでしょう!

面倒なやつ、、としかみてません。。。。

できれば来ないでほしい、、、、って。

いやね、、

最初はそうじゃないんです、、、

先生になって、いろいろな人たちを助けたい!ってほんとに思ってるんです。

(なかには違う人もいますがね!)

でも、あまりに多くの患者、事象、必要な解決策、、、

それに対応できなくなり、、、、結果、、、

「まずは自分の生活がね、、、」となってくるのです。

すると、ある程度までは患者さんの今までの道を掘り下げ、原因を突き止められますが、

その問題の原因をあたらめ、今までと違う道を進むことをサポートするまでは至らないのです。

自分の生活の時間がなくなってしまうからですね。

警察でも、、、まあ、もうどこの組織でもそうですが、

そういった意識、対応でずっと来てしまっているせいで、

解決すべき問題を掘り下げる能力も、先を見通す能力も大幅に下がっているのです。

しかし、それらの組織、そして中におられる方々は

それさえも見て見ぬ振りをしています。

関わると激動の道になるのではと思い、

なんとか自分の生活だけは「安定しますように」と知らんふりをします。

 

そんな立場から、彼や彼のような人のことを正そうとしても無理です。

正さないといけないのは、彼を正そうとしている側の方ですから。

これでは

なにも伝わりません。

どんなにいいことを言ったり書いたりしても、その後ろに

「、、と言いましたが、それは生活のためです」とつくわけですから。

もし何かを伝えたいのなら、、、

「自分たちもあなたと同じ」

「対話しわかりあえる間柄でしょ」という目線、立場で対話しなければ無理です。

もちろん、上辺だけじゃだめです。心から。

だって、ほんとに同じですから。

ひいてみたら。。。。

大量殺戮、、、、日々、行われていますよ。

世界中で。

え?日本でだから、びっくり?

え?距離が違いから?

へー距離が離れてればいいんだー、、、

食べられているというよりは

殺され捨てられている方が多いかもしれないたくさんの動物たちや植物たち、、、

それは大量殺戮とは言わないんだね~~

大麻精神病?、、だってさ、、、、、

、、、

アルコール精神病、、、

お金精神病、、、

異性精神病、、、

わからないものをなんでも病気にする精神病、、、

ってのはないんですかね~~

規制すると自分たちの都合の悪いものは規制しないで

見て見ぬフリ。

お金もお酒も制限する必要があるんじゃないでしょうか?

だって、みんなそれがなくなったら

テンパるでしょ。

超依存してるはずですが、

必要なんで!って言って、

事故が起きようが、殺しが起きようが規制はしない。

どんどんお金を儲けましょう~

お酒も楽しく美味しく飲みましょ~

、、、で、そのあとは自己責任でね!って、、、、

、、、、

なくなったら困るから人から奪うようにまでなるような精神状態なのに

お金もお酒も本人におまかせしちゃう、、、、

いったい、どういう理論でしょ???

こんな状態なのに、それをそうとは認識せず

自分たちは正しいことをしている、、、という角度。。。

支離滅裂な様や事例がおきまくっているのに、、、

こういったことから目をそらして

良いことだけを取り出して

彼らと話そうとしても無理です。

目をそらされていた側で

じっと、、、ずっと、、、、

寂しい思いをしていた存在たちなので、、、。

その闇をはぶいた話をしても通用しないのです。

わからないことを、、、

何かのせいにしても、、、伝わらないのです。

大麻精神病って、、、なんすか?それ?

大麻つけなくても

十分に精神病だよ、彼は。

そんであの「彼」の説明ができないからって、どうせ大麻吸ってたからでしょ、、、って。。。

あさはかすぎる、、、。

これじゃどっちも精神病だね。

もう頼むから

何かのせいにするのはやめませんかーー

全部、あなたの選択で決まってきたことですよ。

それを見失って、、、、よくまあ、、、

あれがだめ!これがだめ!って言えますな~~

だめな位置に位置したのはあなた自身ですよ。

乗せられたとしても、結果乗ったのはあなたでしょ。

(彼とその彼を正そうとした方々にお伝えしています。。。。)

「障害者がいるから世の中大変なんだ!」って?

、、、、

いやいや

お前が一番の障害者なんだよ~~!

一番、助けのいる生き物なんだろーー?

みんなから仲間はずれにされたと思って、、、

昔の人を引っ張りだして「同じ思いですね!」って、、、

かわいそうに、、、

「意思の疎通ができないから殺す」って、、、

だから、それもおめーだろうよー

だれもおめーの意思を受け取りたくない状態になってんじゃん。

疎通を図りたいなら、おめーはどんなことを、どこまでチャレンジしたんだよ。。。

まさか、言葉で理解させようとしてたわけか?

、、、、

だとしたら、本当にタコ助だな、、、(あ、タコさん、助さんにも申し訳ないわ)

だからやっぱり、ただただ寂しくて辛いけど、だれとも話せない生き物。。。

意識の疎通をいろいろな方法、またひとつの方法でチャレンジしつづけているのは

僕らが「障害者」と呼んでいる方々ですよ。

実は僕らのほうが意思疎通の方法を限定し、その上近年はレベルを低下させているんですよ~~

みなさん、どうか見つめ直していただけませんか?

今、施設に入所されている方々はほんとに障害者なのでしょうか?

僕からみると、真逆です。

その施設の外にいる僕らの方が障害者です。

障害者と呼ばれている人たちと、、、、

障害者として接するのではなく、ただただ同じ生命体として対話すると

明らかにこちら側の方が能力を制限して機能していない、、、とわかります。

彼らはすでにテレパシーを使ってメッセージを送ってくれています。。。。

言葉を超えた心に。愛を送ってくれているのです。

彼らは自身の心の中心にできるだけ忠実でいようとしているだけです。

本来はそうしたい僕たちは普段それをできない、してこなかったせいで

その心と動きに対応できずにあたふたしてしまっているだけなのです。

で、あたふたしたくないので、そういった彼らを隔離し、自由を制限しているのです。

(まあ、彼らはそんな壁を越えて自己を表現していますがね)

それは施設のそとでも起こっていることです。

子供達の自由な有り様にこたえることのできない親や大人のてんぱり具合が一番わかりやすいですね。

本来は子供達のその新鮮さを嬉しく思い、自分たちもともに歩み進化したいはずなのですが、

今は「自分の価値観」以外のものは自分の前に現れないように必死です。

壁をつくり、穴をほりうめる、、、。

その理由も明確にはまわりにも子供達にも告げられず、、、。

で、なおかつ、せめて自分だけは都合がいいようにと物事を運ばせようとします。

それってやばくありませんか?

自分がだめな部分を見ず、無視し、ほっておいて、あとでびっくり!

これって

病気になる構造と同じですよね。

さらに病んでいるのに、そう思ってない、、、みえない、、、。

そういうのを「精神障害」っていうんですよね?

、、、、、

、、、、

ね、わたしたちの方が立派な障害者でしょ。

それを見失って

彼を説き伏せようなんてできるわけがありません。

もし何かを伝えるなら

言葉や字だけでは伝わりません。

伝わっていないのです。

その言葉には心がこもっているのです。

つまりその心が重要なのです。

なぜ、その言葉を発しているのか、、、

それに至ったのか、、、

その心を隠し殺しては、その思いは伝わらないのです。

こういった事例に対応していかれる方々、、、、

どうか心から接してください。

あなたのすべての心、普段の有り様が彼らには伝わっているのです。

あなたが心から彼らに向き合えない現実があるなら、それもすべても伝わっています。

それを隠しては彼らのような生き物とは話せません。

同じ生命体として、同じテーマを持ち、

そしてそれを今も解明できずにいる未熟な生き物であるという目線からでなければ

彼らのことは見えないでしょう。

理解もできません。

つまり

解決策も見つからないでしょう。

僕からするとこれも全部「分離していること」が前提の意識から発生していることです。

すべては自分から切り離されている。

自分は何にもつながっていない。

という前提のもと、教育され、環境下におかれ、選択を強制されてきたせいで、

自分の足元、鏡の前の自分がまったくみえない。。。

もしくは別物に見えてしまうのです。

「すべてはつながっていて影響しあっている」ことが前提の場合

こういったことは起きません。

自分の足元をぶった切り、

自分の鏡に映った自分を殴るなんて、、、、行為は

進化に、、、

平和に、、、

生活に、、、

必要ないですから!

はたして

重度の障害を持っているのは、、、

だれなのか、、、

しっかりと見極めるときではありませんか。。。

それと~~宇宙人の角度から言いますと~~

ポケモンGOなどで楽しいことを求めるエネルギーが増しますと

それの対極にある「寂しいエネルギー」も影響をうけます。

みんなが光をもとめ、楽しい空間を創り出そうとする、、、

するとその場から動けない寂しい存在は、どんどんみんなから離れた気になってしまい

寂しさが極まり、怒りや憎しみになっていきます。

なので、僕としては毎度言っていますが、

光を求めるのではなく、自ら作り出してほしいのです。

求めるということは「ない」という前提のもと行われています。

これは闇の中のわずかな光を求め、奪い合うことになってしまうからです。

自らが光輝く方法を導きだせば、求める必要がなくなります。

奪ったり、戦う必要もなくなります。

そして

自らが光るには、どうしたらいいか、、、、。

それは

すべてを育むために自分ができること見つけ、実行することです。

そうすることで自分のスイッチがオンになり輝き出すのです。

分離していることを前提とした狭い枠の中で

自分を成立させようと多くのスイッチをオフにしてしまっています。

鍵は「つながり」です。

あなたはどこでどんな状態であろうと

すべてとつながっているのです。

あなたのスイッチをオンにしてください。

つながっている存在たちすべてがあなたをサポートしてくれます。

それによってあなたの望みが叶いますよ。

« 思わず笑って、すぐに呆れる、、、。 | トップページ | 「分離の心」と「接続の心」の違い »